<カシオワールドオープン 2日目◇24日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

賞金王、シード権争いが佳境を迎えている国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の第2ラウンド、大会を主催するカシオと契約を結ぶホスト・石川遼がこの日3バーディ・1ボギーとスコアを2つ伸ばし、決勝ラウンド進出圏内のトータルイーブンパー40位タイでフィニッシュ。2週連続での予選突破を確実なものとしている。

【スイング連続】石川遼の理想は、過去の自分にアリ!?
また、初日に7オーバー101位と出遅れた賞金ランク首位の小平智は、この日1イーグル・5バーディ・2ボギーの“67”をマークし、トータル2オーバー53位タイに浮上。こちらも決勝進出圏内のトータル2オーバー53位タイで予選ラウンドを終えている。

現時点でのトップは、12年ぶりの大会2勝目を狙う谷口徹と2015年賞金王のキム・キョンテ(韓国)のトータル6アンダー。1打差2位タイに今平周吾、時松隆光、香妻陣一朗がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>