<カシオワールドオープン 初日◇23日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

今日開幕した国内男子ツアー「カシオワールドオープン」。今大会のホストプロを務める石川遼は、2オーバーで初日を終わっている。

【関連】石川遼、理想のスイングは過去にアリ?
インスタートとなった石川は、10番(パー5)をバーディ発進。その後、前半にバーディとボギーを1つずつ重ね、1アンダーでハーフターンした。しかし、後半に入って、2番、4番、6番とボギーが続き、2バーディ・4ボギーの“74”でホールアウト。現時点で59位タイと出遅れている。

ここまで4アンダーの首位タイに地元・高知出身の片岡大育、今季2勝目を狙う時松隆光、ベテランの谷口徹、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)の4人が並んでいる。1打差の5位タイには、ドンファン(韓国) 、上平栄道、中里光之介の3人、2打差の8位タイに賞金ランク5位の今平周吾や香妻陣一朗など8人が続いている。

そのほか、賞金ランク2位の宮里優作はイーブンパーの27位タイ、同ランク首位の小平智は、7オーバーの105位タイと下位に沈んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>