<カシオワールドオープン 事前情報◇22日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

先週の「ダンロップフェニックス」では、今季国内復帰6戦目にして初の予選突破を果たした石川遼。最終日には今季初の60台をマークするなど、勢いに乗る今週は所属先のカシオが主催する「カシオワールドオープン」に出場する。

【関連】石川遼、理想のスイングは過去にアリ?
全試合予選落ちで今週を迎えるのと、1試合でも予選を通ってから出るとでは「雰囲気が違うと思う」と話した石川。フェニックスである程度戦える状態にはなったが、フェースローテーションを抑える新スイングはまだ完成には程遠く「フェニックスではフェアウェイキープ率は上がりましたが、まだ違和感は残ります。無意識に打って結果が伴うにはまだ先」と厳しい表情を見せた。

だが、以前よりもチェックポイントは着実に減らしている。「今は1〜2箇所。それでも多いかも知れませんが」。このミスが出たらここを直す、というのは頭に入っており、国内復帰戦となった10月の「日本オープン」の時よりも楽にプレーができているという。

先週は「腰に痛みがある」と話していたが、この日の時点では「大丈夫です。練習に支障をきたさない状態にはなっています」と痛みはない様子。「今週は優勝争いに加わって、そこでどういうショットが出るのか知りたい。来年のためにも」。自分自身のため。そしてスポンサー、ファンのためにも、この試合は是が非でも結果を出したい。目論見どおり、最終日を上位で迎えることができるか。勝負の4日間が、はじまる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>