国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデスランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードが与えられる。いよいよ今週最終戦を向かえ、MVP争いも絞られてきた。

超貴重!キム・ハヌルがノリノリダンスを披露
トップ3では、「大王製紙エリエールレディス」で2位に入った鈴木愛が34ポイントを獲得し、ついにキム・ハヌル(韓国)を逆転した。また、同大会で優勝した申ジエ(韓国)が49ポイントを加算して5位に浮上。6位に入った全美貞も、10位から8位にランクアップしている。

国内女子ツアーも、今週の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」でシーズンが終了。MVPの可能性を改めて確認してみると、リコーカップは予選落ちがないため出場選手全てに4ポイント。さらに公式戦で成績ポイントが2倍となるため、優勝した場合には60ポイント。つまり、最大64ポイント獲得できるため、計算上は5位のジエまで逆転可能となっている。3年シードが与えられるMVPをめぐる戦いも最終章を迎える。

【メルセデスランキング】
1位:鈴木愛(468.5pt)
2位:キム・ハヌル(465.5pt)
3位:イ・ミニョン(454.5pt)
4位:上田桃子(442.5pt)
5位:申ジエ(413.5pt)
6位:川岸史果(392.0pt)
7位:テレサ・ルー(386.0pt)
8位:全美貞(368.5pt)
9位:笠りつ子(363.5pt)
10位:成田美寿々(350.0pt)