<CMEグループ・ツアー選手権 最終日◇19日◇チバロンGC(6,556ヤード・パー72)>

米国女子ツアー最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」が最終ラウンドを終了し、首位タイから出たアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)がトータル15アンダーで今季2勝目を挙げた。

大胆露出ウェアで注目を集めるミシェル・ウィー
最終ラウンドで6バーディ・1ボギーの“67”をマークしたジュタヌガーンは、5人が2打差以内にひしめく混戦を制した。

1打差の2位タイには、ツアーのポイントランキング「レース・トゥ・CMEグローブ」でトップを走っていたレクシー・トンプソンとジェシカ・コルダ(ともに米国)。2打差の4位タイには、ジ・ウンヒ(韓国)とパーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)が入った。

日本勢から唯一の参戦していた上原彩子は、2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“76”とスコアを崩し、トータル6オーバーの62位でフィニッシュしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>