<ダンロップフェニックス 最終日◇19日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

賞金ランク首位を走る小平智が体調不良で2日目に棄権。ランク2位の宮里優作、3位のチャン・キム(米国)、4位の池田勇太ら賞金王を狙う面々にはその差をつめる絶好の機会となった。

男子プロたちの熱き戦いを写真でプレーバック!
池田は11位タイでフィニッシュし、約400万円を獲得。宮里優作は19位タイで約240万円、キムは27位タイで約130万円を獲得した。いずれも差は着実に縮めたが宮里で約1400万円差、キムで約2200万円差、池田は約3000万円差となっている。

宮里は「アイアンが良かった」といい感触でプレーしていたが、7番(パー5)で左にOB。「そこで流れを切ってしまった。難しい6番(パー3)でバーディを取り、良い流れを作ったのですが…今日はそのOBにつきますね」と苦笑した。

思うように差を詰められず、「ガス欠気味ですが、残り2試合に絞って頑張りたいです。1打1打大事ですが、それに集中できていたかが問題。そこにフォーカスしたいです」。連戦による疲労もあるが、他の選手もそれは同じ。残り2試合、はたして最後に笑うのは誰になるのか。

【男子賞金ランキング】
1位:小平智(154,554,813円)
2位:宮里優作(137,376,982円)
3位:チャン・キム(132,326,556円)
4位:池田勇太(123,042,846円)
5位:今平周吾(94,652,736円)
6位:片山晋呉(79,628,383円)
7位:H・W・リュー(75,565,076円)
8位:ショーン・ノリス(68,645,806円)
9位:ハン・スンス(64,692,668円)
10位:ソン・ヨンハン(62,971,716円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>