<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

今週で単独6位入りを逃し、且つ鈴木愛が優勝を果たせば賞金女王の可能性が消滅していた賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)。鈴木が単独2位に終わり首の皮1枚つながったが、自身は“75”と精彩を欠き、トータルイーブンパーの42位タイ。女王の座は遠のいた。

【関連】耳まで完全防備!寒がりハヌルはニット着用
最高気温10.3℃。真冬のような寒さが、今季3勝を誇るハヌルの集中力を奪った。「寒かったですね。私は寒がりなので、今日はゴルフに集中できなかったです」。ボギー4つでバーディは1つ。最後まで気温の低い愛媛での戦いに慣れることはなかった。

ハヌルが女王となるためには最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で優勝且つ、鈴木愛が単独7位以下であることが条件。かなり厳しい状況下だが、「今は頑張るしかない。良い時もあれば、悪い時もある。それがゴルフです」と前を向く。好材料は来週の舞台が昨年制した南国・宮崎であること。一縷の望みを手繰り寄せて、韓国に続き2カ国目となる女王の座につくことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>