<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山にて行われている「大王製紙エリエールレディスオープン」。賞金女王争い、シード権争いが佳境を迎える中最終ラウンドがスタートしている。

女子プロたちの熱戦!試合の様子はリアルタイムフォトで
現在賞金ランク2位、トータル3アンダーの34位タイで最終日に挑むキム・ハヌル(韓国)は、現在同ランク66位でシード権獲得を狙う原江里菜、渡邉彩香とともにインスタート10番ホール(パー4)に登場。多くのギャラリーに見守られる中ティオフした。

ティショットでフェアウェイをキープしたハヌルは2打目でグリーンオン。ピンから約3メートルのバーディパットを決められず、タップインでパー発進とした。原、渡邊もスタートホールをパーとし、2ホール目に向かっている。

現在首位に立っているのはトータル14アンダーの全美貞(韓国)、2打差2位タイには現在賞金ランク3位のイ・ミニョン、申ジエ(ともに韓国)、上田桃子が続く。同ランク首位の鈴木愛は首位と3打差の5位タイ。今大会で優勝を手にすれば、ハヌルの結果次第では女王戴冠が決定する。鈴木はこの後、ミニョンと東浩子とともに9時15分にスタート予定。

【注目組のスタート時間】
9時15分:鈴木愛、東浩子、イ・ミニョン
9時25分:申ジエ、上田桃子、全美貞

<ゴルフ情報ALBA.Net>