<DPワールドツアー選手権 2日目◇17日◇ジュメイラGエステーツ(7,675ヤード・パー72)>

欧州ツアー最終戦「DPワールドツアー選手権」の第2ラウンドが終了し、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)が単独首位に立っている。

松山英樹、ブルックス・ケプカらが参戦!熱戦の模様をLIVEPHOTOで配信中!
5アンダーの4位タイからスタートしたフィッツパトリックは、1イーグル・5バーディ・2ボギーの“67”でラウンド。トータル10アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に立った。

1打差の2位にはティレル・ハットン(イングランド)。2打差の3位タイには、年間王者を決めるポイントレース「レース・トゥ・ドバイ」で2位につけるジャスティン・ローズ(イングランド)、ジュリアン・スリ(米国)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)の3人が続いている。

日本から唯一参戦している谷原秀人は5ボギーの“77”とスコアを崩し、トータル6オーバー59位タイの最下位に沈んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>