<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇17日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山にて行われている国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、全美貞(韓国)がトータル12アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位で決勝ラウンドに進出を決めた。

【関連】ボミがニコニコ体育座り
1打差2位に賞金ランク3位のイ・ミニョン(韓国)、4打差3位タイに岡山絵里、申ジエ(韓国)が続いた。5アンダー2位から出た賞金ランク首位の鈴木愛はスコアを1つ伸ばすにとどめ、トータル6アンダー6位タイに後退している。

賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)はトータル1アンダー42位タイ。シード復帰を狙う森田理香子、有村智恵はそれぞれトータル3アンダー20位タイ、トータル2アンダー31位タイで予選通過を果たしている。

一方、賞金ランク65位の松森彩夏、同87位の藤田光里はそれぞれ76位、70位で予選落ちを喫し、ともに来季の賞金シード喪失が確定した。両選手は来週のツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権を持たないため、今大会で賞金ランク50位入りを狙ったが、叶わなかった。藤田は3年、松森は2年で賞金シードを手放すこととなった。

また、賞金ランク51位の酒井美紀、同52位の飯島茜、同89位の福嶋浩子、同104位のポラニ・チュティチャイ(タイ)も予選落ちを喫したため、来季の賞金シード喪失が確定している。

【2日目までの順位】
1位:全美貞(-12)
2位:イ・ミニョン(-11)
3位T:岡山絵里(-8)
3位T:申ジエ(-8)
5位:穴井詩(-7)
6位T:鈴木愛(-6)
6位T:川岸史果(-6)
6位T:キム・ヘリム(-6)
6位T:岩橋里衣(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>