<ダンロップフェニックス 2日目◇17日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の第2ラウンド。賞金ランク首位の小平智がこの日の競技途中、体調不良のため棄権した。

【関連】小平智と古閑美保、熱い抱擁
初日に1オーバー49位タイで滑り出した小平は前半9ホールまでをラウンドし、直後にのどの痛みや微熱を訴えて棄権となった。この日もスコアを伸ばせず、トータル1オーバーと低迷していた。

現時点で、賞金ランク2位の宮里優作はトータル6オーバー73位タイ。予選カットラインまでは2打届いていない。一方で、賞金ランク3位のチャン・キム(米国)はトータル5アンダー6位タイ、同ランク4位の池田勇太はトータル3アンダー14位タイと好位置につけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>