<大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

愛媛県にあるエリエールゴルフクラブ松山で開幕した「大王製紙エリエールレディス」。賞金ランク1位で地元四国に凱旋した鈴木愛(徳島県出身)が、8バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“67”でホールアウト。5アンダー・2位につける好発進を見せた。

今季好調の上田桃子、川岸史果の2人とインから出た鈴木は、出だしの10番で、残り115ヤードから2mにつけて幸先よくバーディを先行させると、続く11番でもバーディ。その後も順調にバーディを重ね、4アンダーで折り返す。

しかし、後半「4番まで思うショットができなかった」と振り返ったように、2番でこの日最初のボギーを叩くと、次の3番(パー3)ではティショットを池に入れて痛恨のダボ。それでも、「キャディさんと残りのホールであと2つ取り返すと決めた」と切り替える。すると、すぐさま5番で1つ取り返し、7番からは圧巻の3連続バーディ。賞金ランク2位につけるキム・ハヌル(1アンダー・22位)、同3位のイ・ミニョン(ともに韓国、3アンダー・7位タイ)よりも上の順位で初日を終えた。

「ショットの調子が戻ってきたし、パットも良い」と笑顔を見せた鈴木。さらに好発進を後押ししたのが、地元のグリーンだ。「練習ラウンドからパターの感触が良いのは、四国のグリーンだということもあると思います。読みやすいというか入る気がする」。

四国のグリーンの特徴を知っていることも強みだ。「ここだけでなく、エリエールゴルフクラブ(今大会の2014年などの開催地・香川県)や土佐カントリークラブ(PRGRレディス開催地・高知県)もちょっとだけ芽がある。そういうクセがあるところが四国の特徴ですが、私は芽を気にしすぎずにできているのが良いと思います。上り下りは気にしますが、左右の芽はあまり見ないですから」。四国のグリーンに慣れていない選手が迷うようなラインでも思い切り打てるのが、いいスコアに繋がっている。

開幕前には予選突破が目標と話した鈴木。首位とは3打差の好発進だけに色気が出てもおかしくないが、いたって冷静。「目標の上方修正はせず、変わらず予選突破を目標としたい。何が起きるか分からないのがゴルフ。この調子が続くとは思えないですから」。この落ち着きぶりも、好スタートにの理由の1つに違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>