<大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

エリエールゴルフクラブ松山にて開幕した「大王製紙エリエールレディス」。舞台となっている愛媛県のお隣・徳島県出身の堀琴音が5バーディ・1ボギーの“68”をマークし、4アンダー・3位タイの好発進を決めた。

【関連】ドレス姿もキュート!21歳・堀琴音の特選フォト
昨年、4日間大会における最少スコア「24アンダー」を叩きだし優勝したテレサ・ルー(台湾)とインコースから出た堀。出だしの10番で5mを沈めてバーディを先行させたものの、「今日はショットがひどくて左にばかり行っていた」とそこから伸ばせず。18番では“寄らず入らず”のボギーと貯金を作れず前半を終える。

だが、折り返してからの2番で8ヤードのチップインバーディを奪うと流れが一変。「あれで波に乗れた」と4番で5m、5番で1.5mを沈めて連続バーディとすると、7番でも2.5mを決めてバーディ。バックナインで上位に進出した。

「久しぶりに良いスコアが出たのでホッとしています」と堀。「残り3日間、今日みたいな外してもしっかりと粘るゴルフでバーディを獲れるようにしたい。すごく調子が良いわけではないですが、上を目指して頑張ります」と意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>