<大王製紙エリエールレディスオープン 初日◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の第1ラウンド。全選手が前半の競技を終え、東浩子と全美貞(韓国)が4アンダーで首位に並んでいる。

【関連】紅葉に美女プロが映える!愛媛決戦をLIVEフォトでお届け
1打差3位タイに堀琴音、川岸史果、ルーキーの松田鈴英、今年のステップ賞金女王・谷河枝里子、馬場ゆかり、穴井詩が続いている。

賞金ランク首位の鈴木愛は後半3番のティショットを池に入れてダブルボギーとし、15ホール消化時点で2アンダー9位タイに後退している。また、賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)は16ホールを消化し、イーブンパー35位タイ。2015年覇者のイ・ボミ(韓国)は1オーバー58位タイとしている。

なお、鈴木が今大会で優勝を果たしハヌルが6位タイ以下に終われば、ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を待たずして鈴木の賞金女王戴冠が決定する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>