<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇15日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

明日から4日間の日程で開催される大王製紙エリエールレディスオープン。次週は今季の優勝者や賞金ランク上位者のみが出場できる最終戦のため、多くの選手が今季最後の試合となる。

“セクシークイーン”アン・シネがお鍋をよそってくれたらこんな感じ?
そんな中、今季の女子ツアーで旋風を巻き起こしたアン・シネ(韓国)も出場。大会前日のこの日はプロアマ戦で18ホールを回り、最終調整を行った。「実はちょっと風邪気味なんですが、今夜しっかり睡眠を取ればよくなると信じています」と若干の不安はあるものの、そこはサービス精神旺盛なシネ。ミニスカ姿にハイソックスというシネらしい姿で、寒風吹きすさぶエリエールGC松山を回りきった。

今大会で優勝を果たせばシード権も手に入るが、ハードルは上げすぎていない。「コースに関しては、そこまで極端に難しいというわけではありません。距離も長くないですし、優勝するにはビッグスコアが必要になるでしょうね。パットが大事になってくると思います」と、得意のショートゲームでまずは上位進出をもくろむ。

3週前の「樋口久子 三菱電機レディス」では、初日に4アンダーをマークして3位タイの好スタートを切りながら、2日目に“76”を叩き29位タイに後退。最終日が悪天候で中止となったこともあって、消化不良のまま大会を終えている。すでに来季も日本ツアーで戦う意志を決めており、QT(予選会)もセカンドを突破。次週のサードQT、そしてファイナルQTと勝ち上がって出場権を獲得するため、明日からの4日間で弾みをつけたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>