11月12日付けの男子世界ランキングが発表された。

【関連】アツアツの抱擁に報道陣もヒートアップ!
国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」で今季2勝目を挙げた小平智が9ランクアップし、世界ランク53位に浮上。同4位の松山英樹、同38位の池田勇太に続く日本勢3番手につけた。

米国男子ツアー「OHLクラシック at マヤコバ」でツアー初勝利を手に入れた31歳、パットン・キジーア(米国)は117人抜きとなる世界ランク119位にジャンプアップを果たした。同大会で1打差の2位だったリッキー・ファウラー(米国)は3つ順位を上げ、同ランク7位に浮上している。

また、欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で地元優勝を飾ったブランデン・グレイス(南アフリカ)は44→29位にランクアップ。世界22位のルイ・ウーストハウゼンに次ぐ、南アフリカ勢2番手となっている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(11.75pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.90pt)
3位:ジャスティン・トーマス(8.99pt)
4位:松山英樹(8.59pt)
5位:ジョン・ラーム(7.46pt)
6位:ジャスティン・ローズ (7.46pt)
7位:リッキー・ファウラー(6.54pt)
8位:ローリー・マキロイ(6.46pt)
9位:ヘンリック・ステンソン(6.42pt)
10位:ブルックス・ケプカ(6.38pt)

29位:ブランデン・グレイス(3.47pt)
38位:池田勇太(2.87pt)
53位:小平智(2.41pt)
62位:谷原秀人(2.11pt)
74位:宮里優作(1.83pt)
102位:今平周吾(1.52pt)
119位:パットン・キジーア(1.38pt)
294位:石川遼(0.66pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>