<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇12日◇グレートアイランド倶楽部(6,741ヤード・パー72)>

2日続けてボミスマイルがはじけた。2アンダー8位タイから出たイ・ボミ(韓国)が、5バーディ・2ボギーの“69”をマーク。スコアを3つ伸ばし、トータル5アンダーの11位タイでフィニッシュした。

【関連】ボミがサンタコスプレをするとこうなる
出だしは怪しかった。前半の4番でボギーが先行し、8番でさらにスコアを落とす。しかし、9番(パー4)で嫌な流れを払拭した。6番アイアンで狙った160ヤードのセカンドがピンに絡み、この日最初のバーディを奪取。「このセカンドから、(ショットの)バックスイングがゆっくりできるようになった」と振り返ったように、ショットが復調。12番(パー3)では、あと半転がりでホールインワンというスーパーショットを見せて楽々バーディ。その後も3つスコアを伸ばし、順位はスタートより下げたものの、笑顔でのホールアウトとなった。

この大会では3連覇がかかっていたが、2オーバー63位タイという初日の出遅れが響き、優勝争いには絡めず。しかし、「ショットの感じも良かったし、狙ったところに打っていけた」とボミは2日目以降のプレーを前向きに捉えた。今季は優勝が1回に加え、予選落ちが自己ワーストの4回と、2年連続賞金女王だったボミにとっては本当に苦しい、信じられないシーズンだった。「今年はいろいろな経験をして、ゴルフも上手くいかなくて、いっぱい反省した。でも来年のためにと思って、来週、再来週の試合を頑張る」と笑顔を見せたスマイルキャンディの復活を、多くのギャラリーが待ち望んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>