<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇12日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終ラウンド。全選手が前半の競技を終え、4ストローク伸ばした小平智がトータル15アンダーでスンス・ハン(米国)と並び、首位タイでサンデーバックナインに突入している。

【関連】小平智&古閑美保のラブラブ2ショット
2打差3位にマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、3打差4位タイに賞金ランク3位の宮里優作、イム・ソンジェ(韓国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)が続いている。

賞金ランク2位の池田勇太は14ホールを消化し、トータル6アンダー25位タイ。賞金ランク首位のチャン・キム(韓国)は第2ラウンドスタート前に腰痛のため棄権している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>