<伊藤園レディスゴルフトーナメント 2日目◇11日◇グレートアイランド倶楽部(6,741ヤード・パー72)>

初日に2オーバー62位タイと出遅れたイ・ボミ(韓国)が、第2ラウンドで5バーディ・1ボギーの“68”をマーク。一気に8位タイまで順位を上げて、最終日に臨む。

【関連写真】ここでしか見られない!?イ・ボミのセクシー&キュートな私服姿!
初日を終えて母親と、「一生懸命練習しているのに、結果が出ないから悔しいね」と話したというボミ。インスタートだったこの日は、前半の11番、13番でバーディを奪取。後半も3つを奪ったあと、「今日も昨日もボギーだった」と嘆いた8番で1つスコアを落としたが、トータル2アンダーでホールアウト。順位も8位タイまで上げ、「今日は楽しかった」と笑顔を見せた。

きょうの好スコアの理由にボミが挙げたのは、新しいパターへの適応。「芯に当たる感覚がない」と悩んでいた時に清水重憲キャディの助言もあり、新パター「オデッセイ ワークス ビッグT V−LINE CS」を今週いきなり投入。これまではネック部分がヘッドから傾斜しているスラントネック型を使っていたが、新パターはヘッドのセンターにシャフトが取り付けてあるセンターシャフト型。「(センターシャフトは)初めてだったので昨日はタッチが合わなかったけど、今日は良かった」と満足げだった。

「最近結構落ちるから予選は大事(笑)」と自虐コメントで記者たちを笑わせつつ、「ゴルフのために頑張る気持ちが、去年と比べるとないところが問題」と、メンタル面での問題点を指摘した昨年の賞金女王。今大会狙っていた3連覇は厳しい状況だが、「自分が自分に期待しすぎて上手くいかない感じになっているけど、期待感が自分にないと頑張れない」と前を向いたスマイルキャンディの最終日のチャージに期待したい。


<ゴルフ情報ALBA.Net>