<伊藤園レディスゴルフトーナメント 事前情報◇9日◇グレートアイランド倶楽部(6,741ヤード・パー72)>

昨年、笠りつ子とのプレーオフを制し、「伊藤園レディス」連覇を達成したイ・ボミ(韓国)が、自身初となる大会3連覇を目指すことを高らかに宣言した。

【関連写真】イ・ボミがサンタに着替えたら…
プロアマを終えて、「久しぶりにショットもパッティングも良かったので、良い感じで回れて楽しかった」と、笑顔を見せたスマイルキャンディ。今年から距離が伸びたコースについては、「後ろのティ(グラウンド)からプレーできなかったし、明日は難しくなるかな」と警戒しつつも、2012年、2015年、2016年の3回優勝しているほど相性の良さも抜群。「グリーンが止まるから、ショットの正確性が大事」と攻略法もイメージできているようだ。

オープンウィークとして韓国に帰っていた先週は、1日3時間くらい練習場で打ち込んだ。「毎日感じが違って悩みながら練習した」と言うように、ゴルフではスッキリできなかったが、引越しでリフレッシュ。前に住んでいたところと別棟に移っただけで、4LDKの間取りも同じだというが、「いま部屋にはベッドしかないから、家具を買って入れたい」と嬉しそうに話したボミ。「お母さんとか家族みんなで住みます。もちろん女性ばかりですよ」と、この時ばかりはいたずらっ子のような表情を見せた。

今季3年連続賞金女王がかかっていたボミだが、今季は不調から脱却できず、すでに可能性は消滅している。とはいえ、もちろん賞金女王のプライドはある。「賞金ランキング1位から3位の人は(賞金)女王に誰がなるか(の目標)があるけど、私は3連覇を目指します」とスマイルキャンディ。2016年の「ほけんの窓口レディース」、そして今年の「アース・モンダミンカップ」と2度跳ね返された偉業への壁。三度目の正直となるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>