<伊藤園レディスゴルフトーナメント 事前情報◇9日◇グレートアイランド倶楽部(6,741ヤード・パー72)>

3週間ぶりに日本ツアーに復帰するキム・ハヌル(韓国)。5月の「ワールドレディスサロンパスカップ」での優勝後からキープしてきた賞金ランキング1位の座を鈴木愛に奪われたものの、「逆に気が楽になった」とプレッシャーからの開放を喜んだ。

【関連】スマイル・クイーンの真髄!ハヌル美麗フォト
先週に行われた韓国女子メジャー「HITE JINRO Championship」に出場するなど、日本を不在にしている2週間で、守り続けてきた賞金ランク首位の座から陥落。さぞ落胆しているかと思いきや、「いつも1位だったのがプレッシャーだった。1位を守るために頑張る気持ちになっていた」と意外な答え。「逆に気が楽になったので、楽しい気持ちでプレーできると思う」と笑顔を見せた。

韓国にいる間には、パターのタイミングなど、自分が最近おかしいと感じていた部分をコーチと修正して、HITE JINRO Championshipで確認してきたと話す。「(日本を)2週間離れていただけなのに、1か月ぐらい経った気がする」と懐かし気な表情を浮かべた。

長かったツアーも残り3試合。「シーズンが終われば休めるので楽しみ」という普段通りのハヌル節も飛び出した。「3試合のうち1つは勝ちたい。1個で十分です」と謙遜するが、自身初の賞金女王に色気が出ないと言えば嘘になるだろう。6月の「サントリーレディス」以来、14試合ぶりとなる優勝へ向けて、スマイル・クイーンは静かに力をためている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>