<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇5日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,005ヤード・パー71)>

日本男子ツアーでは、10位以内(タイを含む)に入れば、一部の公式戦などを除いて次戦に出場することができる。ところが、上位に入る選手はすでに出場資格を持っている選手が多いもの。最近では、主催者推薦で出場した「HONMA TOURWORLD CUP」で3位タイに入り、「ブリヂストンオープン」への出場を果たした日高将史がいる。

【関連】圧巻イーグルで100万円ゲットの藤田
その日高だが、2015年のチャレンジツアーで賞金ランク9位に入り、16年前半戦の出場権を得るも結果が出せず、今季はレギュラーツアーの出場権を持たない。5月の「日本プロゴルフ選手権」は予選会を突破して出場。HONMA TOURWORLD CUPとブリヂストンオープンは前出のとおり。そして、今季レギュラーツアー4戦目となった「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」にも出場したが、実は日高は、主催のPGMホールディングス株式会社と「施設使用契約」を結ぶ、いわばホストプロだったのだ。

同社契約の宮里優作、聖志兄弟がホストプロとして華々しく取り上げられる中、同社が全国に保有・運営する140カ所のゴルフ場を無料でプレーできるのが「施設使用契約プロ」だ。「お世話になっているのでありがたい」と、恩返しを果たすべく臨んだ最終日。19位から巻き返しを図ったが、見事にこの日“67”でホールアウト。全体3番目のスコアをたたき出し、アンダーパーがわずか9人しかいない中、トータルイーブンパーでホールアウトした。それでもホールアウト後はそわそわしたそぶりを見せた。前出の10位タイまでに入れば出場権を持たない翌週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」への出場権を勝ち取ることができたからだ。

結果的に、トータル1オーバーで最終ホールを迎えた藤田寛之がカラーからの約13mをねじ込んでイーグルを奪取。トータル1アンダーの10位に浮上し、11位にはじき出された日高は来週の出場資格を目前で失った。「正直悔しいですが、勝負の厳しさを痛感しています。実は、18番は藤田さんがイーグルを決めた位置と変わらないところからボクはパーでした。そこの違いです」と、唇をかんだ。

とはいえ、高額賞金大会の単独11位で480万円を積んで、今季の獲得賞金は1,100万円を超えた。賞金ランクも69位と、75位までに与えられる賞金シードも見えてきた。「シーズンのはじめにはこんなことになるとは思っていなかったです。ここまできたら…」。それだけに、来週の出場権は是が非でも欲しかったに違いない。

例年、実質最終戦の「カシオワールドオープン」は、シード争いをしている選手への主催者推薦が出るため、出場の可能性はあるが、その前週の「ダンロップフェニックス」は地元宮崎県で開催。「何とか推薦をいただけないかな…」と、複雑だ。ちなみに昨年の賞金ランク75位の賞金は1,265万円あまり。手の届きそうなところにあるだけに、「いいゴルフだったけど」、1打足りなかった結果を悔やむ。

今季の優勝者など、限られた選手のみが許される「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を除けばシーズンも残り3戦。シード争いを巡る悲喜こもごものエピソードは今年、いくつ生まれるのだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>