5日(日)12時過ぎに霞ヶ関カンツリー倶楽部に降り立った、訪日中のドナルド・トランプ大統領。この日は安倍晋三首相、松山英樹とともに、2020年オリンピック会場にもなる東コースをラウンド予定となっている。

【関連】全米女子OPにトランプ大統領が登場!
トランプ大統領をコースに降ろしたとみられるヘリが上空を飛び去った後も、興奮冷めやらぬ様子のギャラリーたちは、練習場が見える川岸に集まりその登場を今か今かと待ち受けた。

すると午後1時過ぎ、一足先に練習ラウンドを回るトランプ大統領らしき一団が登場。スーツ姿のSPら数十人の“おつき”が取り囲む中、数台のカートが続々と練習場を移動していく。

ゴルフバッグを運ぶキャディの姿も遠くに見受けられた。「自分が回ったことのあるゴルフ場に、あのトランプ大統領と松山がいるなんて!俺のスコアじゃトランプには勝てないかな(笑)」と地元住民も大賑わい。姿がはっきり確認できなくとも、米国大統領がティショットを打つ場面を想像して盛り上がっていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>