<TOTOジャパンクラシック 最終日◇5日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

優勝者には来季の米シード権が付与される、日本で唯一行われる米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の最終日。全選手がこの日の競技を終え、世界ランク4位のフォン・シャンシャン(中国)が6バーディ・2ボギーの“68”をマークし、トータル19アンダーで大会連覇を達成した。

【関連】日米競演もクライマックス!TOTOリアルタイムフォト
国内賞金ランク2位の鈴木愛は2打及ばず単独2位フィニッシュも、今大会の賞金でキム・ハヌル(韓国)を抜き賞金ランク首位浮上が確定。4打差の3位に世界ランク6位のアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が入った。

大会3勝目を狙った上田桃子はトータル9アンダー24位タイ、畑岡奈紗はスコアを伸ばせずトータル7アンダー33位タイだった。また、世界ランク1位のユ・ソヨン(韓国)も畑岡と同順位で大会を終えている。

【最終結果】
優勝:フォン・シャンシャン(-19)
2位:鈴木愛(-17)
3位:アンナ・ノルドクビスト(-15)
4位:リゼッタ・サラス(-13)
5位T:比嘉真美子(-12)
5位T:渡邉彩香(-12)
5位T:リディア・コ(-12)他