<TOTOジャパンクラシック 初日◇3日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

賞金総額150万ドル、優勝賞金22万5,000ドルと、今季の3日間大会での最高賞金額(実際の支給賞金は6日・月のレートとなる)である「TOTOジャパンクラシック」が開幕。現在の賞金ランクトップのキム・ハヌル(韓国)が韓国ツアー出場で不在のなか、同2位の鈴木愛と同3位のイ・ミニョン(韓国)が揃って首位発進を見せた。

リディア・コがチョン・インジに「あ〜ん」
鈴木は2番(パー5)で3打目をピンに絡めてバーディを先行させたものの、そこから3連続ボギー。だが、そこは実力者。ここから気持ちを切り替えると、6番で2打目を50cmにつけてバーディを奪ったのを皮切りに8バーディ。合計9バーディを奪う猛チャージで、リーダーボードの頂点に名を連ねた。「今日は久しぶりに良いプレーをすることができて嬉しい。すごくショットの調子が良かった。富士通レディスの時に、同じドローヒッターの菊地絵理香さんに“どうやって打っていますか?”と聞いて。“一番は愛ちゃんは右を向き過ぎだと思う。それが原因で球が帰って(左に曲がって)来てない。向いているところには出ているからそんなに悪くないよ”などと言われて、参考にしました。そこから少しずつ良くなってきました」。

状態が良いだけに、明日への意気込みにも自信が漲る。「ショットもパットも調子が良いので、良いスコアを出したいですね。内容が良くなってきているので、この状態が続けば優勝のチャンスがあると思う」。続けて、「アメリカツアーに行きたいと思いますが、まずは賞金女王を獲ってから。今はその気持ちが強いです」と賞金ランクトップへの意欲も見せた。

賞金ランク3位のミニョンは、6バーディ・ノーボギーの安定感のあるプレーで首位タイに。「今日は悪いことが1つも無かった。全てが良かったです。特にドライバーとパターが良かったですね」とはにかんだ。

先週のオープンウィークには、山登りにいったというミニョン。「智異山(チリサン)という約2,000mくらいの山に登ってきました。往復で9時間くらいかかりましたね。頂上では紅葉の季節と言うこともあってすごく良い景色が見られましたが、体力的にきつかったのでもう登りたくないです(笑)」と、英気を養った様子。

“賞金女王への道を山に例えると?”という質問が飛ぶと、「12月の4大ツアー対抗戦THE QUEENS presented by KOWAに出たかったのですが、メンバーに自分の名前がなくて残念でした。その代わりではないが、女王を目指して頑張りたい。もうちょっとだと思います。手を頑張って伸ばせば、頂点が届くところ」と話した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>