<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇2日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

賞金総額1,500,000ドル、優勝賞金225,000ドルの今季の3日間大会最高賞金額(実際の支給賞金は6日・月のレートとなる)「TOTOジャパンクラシック」が3日(金・祝)に開幕する。今大会には賞金ランク首位のキム・ハヌル(韓国)が不在。400万円差でハヌルを追う同2位の鈴木愛、800万円差の同3位のイ・ミニョン(韓国)にとっては逆転の大きなチャンスだ。

ウェア以外で美脚を披露!キム・ハヌルのフォトギャラリー
そのミニョンは練習ラウンドで最終調整。「調子はまぁまぁです。コースの印象としてはフェアウェイがちょっとせまいけどショットは大丈夫。問題はグリーンですね。大きなアンジュレーションがあって難しいです」とこの日は特に練習グリーンでのパッティング練習に時間を割いた。

難グリーン攻略へスコッティ・キャメロンの『SSS』を投入した。SSSは米国製ステンレススチールで、高純度の柔らかい素材を使用したものだ。感触としては「まだ投入したばかりなので…」とはっきりとした手ごたえはつかめていないが、「でもパターを変えることで良い気分転換になります」とコメント。最近パターに悩んでいるミニョンにとって、この変更が賞金ランク首位奪取、そして今季3勝目への起死回生の一手となるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>