<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 初日◇2日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン (7,174ヤード・パー72)>

千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンで開幕した国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」。第1ラウンドが終了し、グレゴリー・マイヤー(米国)が7バーディ・2ボギーの“67”をマーク、5アンダー単独首位発進を決めた。

【写真】鈴木愛も!TOTOジャパンクラシック出場選手の華麗なドレス姿をお届け!
1打差で追いかけるのは今季2勝目を狙う秋葉真一と真板潔、寺西明の3選手。2打差の5位タイに倉本昌弘、フランキー・ミノザ(フィリピン)、崎山武志、杉山直也、金子清重が続いている。

逆転賞金王を狙う米山剛は2アンダーの10位タイ。今季4勝目を狙うプラヤド・マークセン(タイ)は1オーバー・30位タイと出遅れた。

【初日の順位】
1位:グレゴリー・マイヤー(-5)
2位T:秋葉真一(-4)
2位T:真板潔(-4)
2位T:寺西明(-4)
5位T:倉本昌弘(-3)
5位T:崎山武志(-3)
5位T:フランキー・ミノザ(-3)
5位T:杉山直也(-3)
5位T:金子清重(-3)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>