台風22号の影響で最終日が中止となった「樋口久子 三菱電機レディス」だが、2日目でトップに立っていた永井花奈が、うれしいツアー初勝利を収めた。その裏には6番アイアンさえも抜いてしまい、ユーティリティを活用したクラブセッティングが功を奏した。

【関連】漆黒のドレスが大人っぽい!
その前の試合「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の2日目から本格的に6番ユーティリティを投入。「6番アイアンの代わりに入れている6番ユーティリティが、結構、活躍してくれました。ラフからのショットのとき、6番ユーティリティのほうが振り抜きやすいイメージがあった。あと、フェアウェイからでも6番アイアンより簡単に球を上げられるイメージがありました」と、永井自身は強く手ごたえを感じている。

優勝した今大会、2日目で一緒に回ったのはツアー屈指の飛ばし屋・穴井詩、そして畑岡奈紗だった。相手がセカンドショットの際にショートアイアンを使うシーンでも、6番ユーティリティでグリーンを狙うことが多かった。一見、不利なシチュエーションに見えるが、重心深度が深くてクラブ全長も長いユーティリティなら、高さも出るためピンをデッドに狙えるメリットがあり、決してネガティブにはとらえていなかった。雨でぬかるんだコンディションだったが、多少のミスをしても飛距離が出るやさしさも生きたという。

5番アイアンを抜く女子プロはいるが、6番アイアンまで抜いてしまうプロは少ない。ドライバーの飛距離不足を補った大胆なクラブセッティングが、間違いなく永井にツアー初勝利をもたらした。

【永井花奈のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:ホンマツアーワールド TW727 455PROTO(9.5°、VIZARD YC55・R、45.75インチ)
3W:ホンマツアーワールド TW737(15°)
7W:ホンマツアーワールド TW727(21°)
UT:ホンマツアーワールド TW727(22°)
UT:ホンマツアーワールド TW727(25°)
UT:ホンマツアーワールド TW717(28°)
7I-10I:ホンマツアーワールド TWWフォージド ヴィザード
AW:ホンマツアーワールド TW-WIIフォージド(48°)
AW:ホンマツアーワールド TW-WII(52°)
SW:ホンマツアーワールド TW-W(58°)
Pt:テイラーメード スパイダーツアーレッド
BALL:タイトリスト プロV1 X

<ゴルフ情報ALBA.Net>