腰の怪我などで戦線から離れていたタイガー・ウッズ(米国)が、自身が主催するツアー外競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ(11月30日〜12月3日)」で約9か月ぶりに復帰すると同大会のウェブサイトで発表された。

【関連動画】松山英樹「これだけ勝ってもタイガーにはなれない」
同大会は世界ランク上位者など18人の招待選手により争われる。昨年大会は松山英樹が優勝を遂げた。タイガーは「ヒーロー・ワールド・チャレンジでツアーに復帰できることに興奮している。これまで私を支えてくれたすべてのファンに感謝したい」とコメントした。

昨年大会では腰の手術を行って以来、約1年3か月ぶりにカムバックし話題となったウッズだが、復帰3戦目の欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック(2月2日〜5日)」を途中棄権し、今年4月に4度目となる腰の手術を受けていた。

また、今年の5月に飲酒または薬物運転の容疑で逮捕され、その後睡眠障害に陥っていることを告白。10月27日には無謀運転の罪により、250ドル(約2万9000円)の罰金と1年間の保護観察処分を受けている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>