<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇30日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」が11月3日(金)から3日間の日程で、茨城県の美野里コースを舞台に開催される。両ツアーの賞金ランキング上位者に参加資格が与えられる同大会。日本で唯一の米女子ツアー公式戦となるだけに、日米トップ選手による熱戦に期待が集まる。

ストレッチでリラックス!笑顔が満載、堀琴音のフォトギャラリー
また、賞金総額150万ドル(約1億7,000万円)・優勝賞金22万5,000ドル(約2,555万円)とツアー屈指の高額賞金をかけて賞金女王争いの動向にも注目だ。

賞金ランク首位のキム・ハヌル(韓国)は今大会不在。およそ2,300万円差内でひしめく鈴木愛、イ・ミニョン(韓国)、テレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)らが、国内ツアーから参戦し、逆転で賞金女王の座を奪うチャンスを狙う。

また、畑岡奈紗が同大会に初参戦。「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」から2週連続で最終日が中止、あと一歩のところで優勝を逃す戦いが続いただけに、今週こそ鬱憤を晴らし優勝まで駆け抜けたい。

そのほか、昨年大会で堀琴音が首位と3打差の3位タイと、日本勢唯一のトップ10入りを果たした。今季6度のトップ5ランクインと優勝への期待も高まる中、この大舞台で念願の表彰台に上がれるか。

米ツアーからは世界ランクトップのユ・ソヨン(韓国)、同ランク3位のレクシー・トンプソン(米国)らが参戦。そのほかでは、大会連覇がかかるフォン・シャンシャン(中国)、2015年の「全米女子オープン」、昨年の「エビアン選手権」と2年連続で海外メジャーを制し、“ダンボ”の愛称で日本でも人気のチョン・インジ(韓国)が登場する。

過去10年で日本勢が同大会を制覇したのは、2007年、2011年の上田桃子のみ。6年越しに日本勢の優勝カップ獲得なるか。熱い戦いに注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>