いよいよ残り4試合となった国内女子ツアー。「樋口久子 三菱電機レディス」終了時の賞金ランキングが発表され、出場しなかったキム・ハヌル(韓国)が首位をキープした。

【関連写真】あどけない笑顔から貴重なドレス姿まで!永井花奈フォトギャラリー
同大会でハヌル不在の間に逆転を狙った鈴木愛だが、10位タイに留まり、且つ最終日が中止となったため加算額は75%。103万5千円しか差を詰めることができなかった。また、3位のイ・ミニョン(韓国)、4位のテレサ・ルー(台湾)が欠場したため、逆転女王へ少しでも上との差を詰めたかった5位の申ジエ(韓国)も6位タイ。195万円の加算で4位浮上はならなかった。

その他、2週連続2位の畑岡奈紗は賞金ランク12位に浮上。ツアー初優勝を挙げた永井花奈は賞金ランクも19位に浮上している。

今週は高額賞金大会の日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」。トップのハヌルは今週も不在となる。予選落ちの無い戦いでどう順位が入れ替わるのか。

【女子賞金ランキング】
1位:キム・ハヌル(114,383,000円)
2位:鈴木愛(109,613,800円)
3位:イ・ミニョン(106,949,500円)
4位:テレサ・ルー(94,379,500円)
5位:申ジエ(89,242,000円)
6位:上田桃子(86,010,165円)
7位:川岸史果(72,090,850円)
8位:イ・チヒ(69,215,350円)
9位:成田美寿々(64,897,016円)
10位:全美貞(62,945,033円)
12位:畑岡奈紗(59,696,000円)
19位:永井花奈(47,331,349円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>