<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇29日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

台風22号の接近による悪天候の影響で、最終日ラウンドが中止になった「マイナビABCチャンピオンシップ」は、第3ラウンドで首位に立っていた小鯛竜也のツアー初優勝で幕を閉じた。その裏でシーズン終盤を迎え、来季の賞金シード権獲得にかけた2人の男の決意を感じる一幕もあった。

【関連】グリーンに水たまりが…
ツアー通算3勝の丸山大輔は、2015年にシード権を喪失。昨季のチャレンジツアーの賞金ランキング2位の資格で今季前半戦の出場権を確保したが、今大会開幕前までの賞金ランキングは71位。同75位までに与えられるシード復帰までもうひと稼ぎしたいところだった。しかし、前週の時点では今大会の出場権を持っておらず、マンデートーナメントに出場して本戦への切符を狙うことにしたが、そこに至るまでに紆余曲折があった。

丸山は、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブで行われていた「ブリヂストンオープン」に出場し、18位タイでフィニッシュ。「1円でも稼ぎたい」とマイナビABCチャンピオンシップのマンデートーナメントに出場するため、まずは羽田空港から大阪・伊丹空港へ空路向かった。しかし、台風21号の影響で飛行機が伊丹空港に着陸できず、羽田空港へ引き返すことに。ならばと、大きなキャディバッグとスーツケースを1人で運んでタクシーで品川駅へ向かった。品川駅から新大阪駅行きの新幹線に飛び乗ったところ、今度は岐阜県内のトンネルで漏水が原因と見られる停電が発生。乗っていた新幹線が名古屋でストップした。「車内では最初40分ほど停車というアナウンスだったけど、雨が降り続いていてすぐに解消するとは思えなかった」。名古屋駅で途中下車。既に深夜だったため、三重県に住む知り合いのキャディに、翌日、車で送ってもらう約束を取り付け、この日は名古屋駅近くのホテルにチェックインした。

翌朝は4時30分に名古屋を出発したが、今度は「名神(高速道路)が通行止め」に。「(マンデーの)スタート時間には間に合わないし、途中で(マンデーは)やらないかもとも思った」が、交通事情が混雑する中コースに向かい、到着したのは名古屋を出発してから5時間30分後の午前10時だった。しかし、台風21号の影響でコース内の300本の木が倒木するなど、復旧に時間を要していた。マンデーのスタート時間が4時間遅れたため、丸山はスタート時間に間に合った。「身体がガタガタだった」という9ホール決戦となったマンデーでは本戦の出場権は得られなかったが、ウェイティング1番だったため、マンデー終了後に本戦の出場が決まった。

本戦に入ると初日に47位タイ、2日目には27位タイと着実に順位をアップ。「先週もそうだったから、最終日のつもりでやった」という3日目。「頑張ったけど、雨の中だと飛距離も出ないし…」と耐えに耐えてこの日2アンダーで回り、トータル6アンダーの16位タイで最終日を迎えた。賞金ランクを上げるためにも、「やりたかったかと言えばやりたかったけど、(パワーがないと不利なので)雨の中だとやりたくなかった」という思いが入り交じった。結局、最終ラウンドは中止となり、順位も確定した。今回獲得した賞金142万5000円を加算した年間獲得賞金額は1092万4662円、賞金ランキングも68位に浮上し、目安となる昨季の同ランク75位だったチャプチャイ・ニラト(タイ)の1265万9371円までは、あと173万4709円となった。

「この後出るのが決まっているのは(HEIWAとカシオの)2試合だけど、(予選を突破して)4日間できれば75位はクリアできそう」と見通しを示した46歳のベテランは、途中いつくじけてもおかしくなかった困難を乗り越え、2シーズンぶりのシード復帰へ希望をつないだ。

一方、リスクを冒してまで初の賞金シード獲得に意欲を見せたのが、今大会開幕前まで賞金ランキング78位だった北村晃一。北村も昨季のチャレンジツアーの賞金ランキング10位の資格で今季の出場権を確保したが、この試合はウェイティングに回っていた。

この大会の期間中は元々サードQT(予選会)に出場する予定だったが、23日月曜日の時点で現地ウェイティングの1番であることに気付き、「賞金シード圏内に入れるワンチャンスあるかな」と、サードQT出場をキャンセルして会場入り。幸運にも欠場者が出たことから、本戦出場の切符を手にした。

本戦では、3日間平均のフェアウェイキープ率(69.05)が1位タイ、パーキープ率(98.15)も1位と、ショット、パットともに絶好調をキープ。3日間のラウンドで、10個のバーディに対しボギーは1つと安定感のあるゴルフを展開し、トータル9アンダーの7位タイで第3ラウンドを終えていた。

最終ラウンドで北村は2番のティグラウンドで中断のホーンを聞き、結局試合はそのまま中止に。今季2度目のトップ10フィニッシュとなり、賞金319万7250円を獲得した。賞金ランキングも65位までジャンプアップし、「(75位の)賞金シード圏内に入り、余裕ができて気持ち的に楽になったので、もっと上を狙いたい」と、シードの中でもさらに出場優先順位が上がる同ランク60位以内を射程圏内に捉えた。「本当にラッキーだった」と笑顔を見せた北村は、サードQTをキャンセルするというリスクを冒してまで掴んだチャンスを見事に生かし、念願のシード獲得に大きく前進した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>