<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇29日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

今シーズンの世界ゴルフ選手権初戦「WGC-HSBCチャンピオンズ」は大どんでん返しが待ち受けていた。初日からの3日間いずれも60台をマークしていた世界ランク1位、ダスティン・ジョンソン(米国)は2位に6打差をつけてスタートしたこの日、ノーバーディ・5ボギーの“77”とまさかの大失速。急ブレーキを踏んだ大型車を尻目に、ジャスティン・ローズ(イングランド)が8バーディ・3ボギーの“67”と猛チャージ。8打差を覆す大逆転劇でビッグタイトルを手にした。

【関連動画】タイガー・ウッズが罪を認める 保護観察処分に
ローズ、ダスティン、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ブルックス・ケプカ(米国)らメジャー覇者4人による白熱したV争いは、会場のシャーシャン・インターナショナルGCを大いに盛り上げた。一方で、世界ランク4位につける昨年覇者・松山英樹はこの日もスコアを伸ばせず、トータル4オーバー50位タイでフィニッシュ。コースを渦巻く熱狂からは遠く、蚊帳の外で大会を終えた。

「良いものもあれば、悪かったものもあった」。前半は順調な試合運びだった。インから出た松山は12番パー3で最初のバーディを奪うと、14番パー5、ボギーを挟んだ16番パー4でもスコアを伸ばす。折り返しての後半5番パー4でもバーディを奪取し、一時はイーブンパーも目前に見えた。

だが、6番パー3でこの日2つ目のボギーを叩くと、続く7番パー4。そこからせきを切ったように2連続ボギーを喫し、前半の貯金をすべて使い果たす。結局、4バーディ・4ボギーの“72”でフィニッシュ。4日間で一度も60台を記録することはできなかった。

それでも、松山の表情に悲壮感はない。「1年間、逃げてきたものを受け止めた結果がこのショット力だと思う。今やっているものは必ず次につながる」。結果も内容も振るわなかったが、大舞台での4日間は大きな試金石となった。

「これからどういうスケジュールでやっていけばいいか。分からないですが、(今回で分かったものを)突き詰めていけば、来年が楽しみになると思います」

次戦は国内男子ツアー「ダンロップフェニックス(11月16日〜19日)」、その後はタイガー・ウッズ(米国)主催のツアー外競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ(11月30日〜12月3日)」にディフェンディング・チャンピオンとして出場。そこから来年の米ツアー初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」までは約2か月のオープンウィークが控える。今回の結果を自分の中に落とし込み、25歳がどのような成長を遂げるか。来年を最高のシーズンにするため、この準備期間が持つ意味はあまりにも大きい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>