<福岡シニアオープンゴルフトーナメント 最終日◇29日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,556ヤード・パー72)>

福岡県にある福岡カンツリー倶楽部 和白コースで開催された国内シニアツアー「福岡シニアオープンゴルフトーナメント」。昨夜から降り続いた雨の影響により、75分遅れで始まった最終ラウンドは、首位タイ発進の66歳・三好隆が4バーディー・2ボギーの“70”でスコアを2つ伸ばし、トータル7アンダーでフィニッシュ。トップの座を守り切り、シニアツアー通算8勝目を飾った。

【スイング連続】三好隆 ドライバーショット
2打差2位タイに久保勝美、白潟英純、呂文徳(台湾)、3打差4位に鈴木亨が入った。

2戦連続Vを狙った高橋勝成はトータル2オーバー24位タイ。シニアルーキーの川岸良兼はトータル9オーバー50位タイと振るわなかった。また、シニア賞金ランク首位を走るプラヤド・マークセン(タイ)はトータル2オーバー24位タイで終え、今季10試合目にしてはじめてトップ10入りを逃す結果となった。

【最終結果】
優勝:三好隆(-7)
2位T:久保勝美(-5)
2位T:白潟英純(-5)
2位T:呂文徳(-5)
5位:鈴木亨(-4)
6位T:秋葉真一(-3)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>