<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇29日◇ABCゴルフ(7,217ヤード・パー72)>

第3ラウンドで首位と1打差の2位タイにつけていた宮里優作だったが、悪天候のため最終日のラウンドは無念の中止になった。

【関連】兄の雄姿を見届ける宮里藍
まさしく水を差された格好だ。ツアー初優勝を狙う小鯛竜也と1打差の2位タイ。今季4勝目へ好位置で最終組のラウンドに臨もうとしていた。「出来そうな感じだったので、(天気)予報が上手く外れてくれれば」という願いも空しく、約1時間の中断を経て、最終ラウンドの中止が決定した。「3日目にトップに立っていないとこういうことがあるので悔しい。2人(小鯛、永野竜太郎)もやりたかったと思うけど、しょうがないよね」と、競技の中止については納得の表情を見せた。

ツアー初優勝となった小鯛に対しては、「個人的には叩き潰そうと思っていた(笑)」と冗談ぽく語り、記者たちを笑わせた選手会長。「でも本当にナイスガイで、プレースタイルも人気が出そうな選手なので、どんどん行って欲しい。こういう優勝は何かのサインだと思うので、浮き足立たずに自分のゴルフを確立していって、強いゴルファーになってもらいたい」とエールを贈った。

競技が54ホールに短縮されたため、賞金加算額も75%となった。その影響で賞金ランク首位の小平智を捉えるには至らなかったが、賞金810万円を上乗せし、獲得賞金額は1億1089万円余りの賞金ランキング2位をキープ。小平との差を140万円余りに縮めた。「ついているのか、ついていないのか分かりませんが、今後に繋がると思って来週やっていきたい」と宮里。来週は、ホストプロとして迎える「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」が地元の沖縄で開催される。「沖縄の選手がたくさんいるので盛り上げたい。沖縄のゴルフファンの皆さんにいいところを見せたい」と語った。

記者から、先日現役を引退した妹・宮里藍の観戦があるのかと聞かれると、「その週だけいなかったような気がする。土曜日のチャリティオークションにサプライズで呼ぼうと思っていたんですが、呼ぶのに幾らかかるかな(笑)」と笑顔で答えていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>