<アジア・パシフィック アマチュア選手権 最終日>◇29日◇ロイヤル・ウェリントンGC(7,219ヤード・パー71)>

トータル5オーバー・35位タイで今大会を終えた杉原大河。上位フィニッシュとはならなかったものの、海外選手を驚かせるプレーを見せた。

【写真】アジアアマに挑んだ日本勢6人はこちら!
「日本のトーナメントに出てまた彼と回りたい」

と話したのは、予選ラウンド2日間を同組で回ったチャーリー・ダン(オーストラリア)。世界アマチュアランキング68位、2017年オーストラリア・アマチュア・マスターズ2017年優勝という実力者だが、そのダンがビックリしたのが杉原のドライバーショットだった。

体格が一回りほど違う外国人選手をものともせず、常に20ヤード近く越えていく。最終日、350ヤードの17番パー4では、ドライバーでグリーン手前のカラーまで持っていいった。4日間付き添ったキャディも、「素晴らしいポテンシャルの持ち主だ。絶対に強くなる」と杉原を絶賛した。

大会を通して杉原は、

「低い球が打てないので、風の中でのティショットが課題です」

と話し、さらにドライバーショットに磨きをかける構え。

現在は生光学園高校(徳島県)3年で、卒業後は東北福祉大学へ進むことになっている。“ネクスト松山英樹”となるか、間違いなく注目選手の一人だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>