<樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2日目◇28日◇武蔵丘ゴルフコース (6,580ヤード・パー72)>

初日の晴天とは一転、雨が降る中で行われた「樋口久子 三菱電機レディス」2日目。13位タイから出た菊地絵理香が4バーディ・1ボギーの“69”をマーク。スコアを3つ伸ばし、トータル4アンダーの6位タイに浮上した。

道産子美人!菊地絵理香の特選フォトギャラリー
最終組のアン・シネ(韓国)が“76”、福嶋浩子が“75”を叩くなど荒れ模様となった第2ラウンドで菊地が魅せた。出だしの1番で5メートルを決めると、4番でも6メートルを沈めて2つ目のバーディ。さらにバーディとボギーを1つずつ重ねて迎えた18番では3打目を左2メートルにピタリ。鮮やかなバーディフィニッシュで、首位と3打差と優勝圏内につけた。

上位進出につながったのは持ち味のクレバーなゴルフだった。「ここのコースは砲台グリーンが多いので、キャリーで打っていかなければいけないけど奥が駄目なコース。手前から行かないといけない。その辺りの距離の計算を今日は上手くできました。3アンダーは上出来です」。手前から行く分、チャンスは多くなかったが「ここ最近パッティングが良くて、今日も良いフィーリングで打てている」と少ないチャンスを確実にものにしながら、スコアを伸ばして行った。

今年の4月に痛めて、今も「いつ痛みが出るか分からない」という腰も「雨のわりに気温低く感じてないし、今日も痛みは感じなかったので大丈夫だと思います」と問題はない。「このコースで雨が降ると私の飛距離では持つ番手が長くなってしまうので、中々チャンスは難しいと思うけど優勝とか考えずストレスなく回れるようにしたいですね。パー5でバーディを獲れるように計算していきたい」。現在、複数回優勝の他に目標として掲げている獲得賞金5,000万円突破まで約1,000万円。そちらに向けても今大会でしっかりと賞金を加算したいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>