<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇28日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

世界ゴルフ選手権「WGC-HSBCチャンピオンズ」の3日目。66位タイから出た昨年覇者、松山英樹がムービンデーに猛チャージをかけている。

2日目の18番で椿事が!
松山はインコースからスタート。11番でバーディを先行させると、13番からは連続バーディを奪取。そして18番ではイーグルを奪取。前半だけで5つスコアを伸ばす会心のプレー、トータル1アンダーまでスコアを伸ばし後半のプレーに入った。

松山の現在の順位は34位タイ。トータル15アンダーでプレー中のダスティン・ジョンソンとブルックス・ケプカ(ともに米国)がトータル15アンダーで首位を走っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>