来季のツアー出場権をかけた戦い、男子クォリファイングトーナメント(QT)のサードステージ最終ラウンドが太平洋クラブ益子PGAコース(栃木)とホウライカントリー倶楽部(栃木)の2会場で27日(金)に行われた。

【関連】池田勇太の隣に美女を発見!どこかで見たことがあるような…?
太平洋クラブ益子PGAコースでは、徳元中がトータル13アンダーでトップ通過。マレーシアの英雄といわれるダニー・チアも9位でファイナルQTへコマを進めた。一方で細川 和彦、横尾要はサードQTで姿を消した。

ホウライカントリー倶楽部では2009年全米プロゴルフ選手権覇者のY・E・ヤン(韓国)が、トータル14アンダーで2位に4打差をつけ首位通過。ツアー通算2勝の谷口拓也も14位でファイナルQT進出を果たしている。

サードQTは前述の2会場を含めた全6地区において4日間72ホール競技で実施。各会場の上位者が最終ステージのファイナルQT(11月30日〜12月5日)に進出する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>