<マイナビABCチャンピオンシップ 初日◇26日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

今季は前半戦から賞金王争いの中心にいる賞金ランク2位の宮里優作が、初日に“67”の好スコアをマーク。今季4勝目に向けて、5アンダー首位タイと最高のスタートを切った。

今週は石川3兄妹がそろい踏み!
「前半3ホールくらいはロングパットが決まってくれた。パッッティングのタッチが良かったですね」と振り返ったように、1番、2番を連続バーディ発進とすると、7番、8番でも再び連続バーディ。しかし、後半に入ると、「上り(のパット)に付けることができなくて、難しくしてしまった」と、3つのバーディに対し2つボギーを叩いた。とはいえ、5アンダーで、賞金ランク1位の小平智らと首位タイに並んだ。

この日は13フィートの速さを計測するなど、国内ツアーでも有数の高速グリーンとして知られるABCゴルフ倶楽部。「速いグリーンは好き」と話す宮里が、高速グリーンでパッティングのタッチを合わせるために意識していることは、「ラインに対するイメージと自分の感覚」。ラインを読んでいる間にタッチ感が出てくると言い、「イメージが出来上がってから打つ。それまでは打たない」というルーティンを大事にしている。「タッチを合わせると曲がったりするので多めに読んだり、下りのパットは腹をくくって強く打って曲がる前に入れるなど、メリハリを付けている」と、優作流パットの極意を明かしてくれた。

佳境に入った賞金王争いも、今大会を含めて残り6試合。トップを走る小平とは約498万円差だが、「ギリギリにならないと(分からない)。まだ(賞金ランク)10位くらいまではチャンスがあると思っている」と宮里。世界ランキングを優先するという小平に対しては、「僕は賞金王を獲りたい」とキッパリ。「最多勝を獲った人が(賞金王も)獲ると思っているので、勝ちにはこだわりたい」と話す37歳が、初めての賞金王に向けてさらにギアを上げそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>