<樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 事前情報◇26日◇武蔵丘ゴルフコース (6,580ヤード・パー72)>

先週の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」では、まさかの今季2度目の予選落ちとなった鈴木愛。「ちょっとゴルフはいいかな。しばらく休もうと思います。ショッピングでもして気分転換したいです」と話していた通り、先週は思い切って練習を休んでリフレッシュできたという。

ドレス姿やプライベートフォトも!お宝満載「写真館」
「焼肉も食べました!“海ほたる”にドライブも行って、悪いものは全部出してきたし。お笑いのDVDを見て、ゲームをやって、ゴロゴロして…久々にリフレッシュできました」と晴れやかな表情を見せた。休みを満喫してうまく気持ちの切り替えができたこともあってか、「だんだんショットも良くなってきて。あとはグリーンが見た目よりも結構速いので、距離感だけ大事にしながらやっていきたいと思います」とコースを回った感触も好調な様子。

今週を含め残り5試合となった国内女子ツアー。賞金女王争いもいよいよ佳境、鈴木は首位のキム・ハヌル(韓国)と差が8月末の時点でおよそ1,642万円あったが現在では約450万円まで縮めた。ハヌルを含め、3位のイ・ミニョン(韓国)、4位のテレサ・ルー(台湾)ら同ランク上位勢が不在となる今大会。少しでも上位につけて後続との差を広げ、逆転首位に立ちたいところ。「あんまり賞金のことを考えすぎると、プレーに集中できなくてムダな一打が命取りになる。賞金のことは一旦考えずに、プレーに集中したいと思います」。賞金女王の座を狙いつつも、まずは目前の1勝に照準を合わせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>