<WGC-HSBCチャンピオンズ 初日◇26日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

中国のシャーシャン・インターナショナルGCを舞台に開幕した、2017-18シーズンの世界ゴルフ選手権第1戦「WGC-HSBCチャンピオンズ」。昨年覇者の松山英樹が前半のプレーを終了した。

【関連】海外メディアも松山英樹のスイングに注目 連続写真解析
松山はインコースからスタート。15番までパーを重ねると、16番でバーディを奪取。1アンダーで後半のプレーに入った。

現在の首位は6アンダーでプレー中のブルックス・ケプカ(米国)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ギャビン・グリーン(マレーシア)ら3選手。日本勢は片岡大育が17ホールを消化し2アンダー、今平周吾が13ホールを消化し1アンダー、谷原秀人は10ホールを消化し1オーバーとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>