<WGC-HSBCチャンピオンズ 事前情報◇25日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

明日26日(木)から中国のシャーシャン・インターナショナルGCで開催される今シーズン最初の世界ゴルフ選手権「WGC-HSBCチャンピオンズ」。昨年覇者の松山英樹はこの日公式会見に登場、大会への思いを語った。

【関連】国内では…石川3兄妹がそろい踏み!
昨年、アジア人初の世界ゴルフ選手権覇者となった松山。最終日に“66”をマークし、2位に7打差をつけての圧勝だった。「この大会がキャリア最高の12ヶ月になったきっかけ、タイトルを守ることがその締めくくりになる」。

16-17シーズンは米ツアーで3勝を挙げ、「全米オープン」では2位タイになるなどキャリアベストシーズンに。そのきっかけとなったこの大会は松山にとっても思い入れがある。

また、先週は休養にあて「とてもリフレッシュできた」と体調は万全。今シーズンの初戦「CIMBクラシック」は5位タイに入り、昨シーズン終盤での不振も払拭された模様。米ツアーの公式サイトの優勝候補予想でもトップに挙げられるなど、連覇への期待は高まっている。

「この大会のレベルは年々上がっているように思える」と厳しい戦いを予想している松山。しかし、だからこそこの大会で再び勝つことができれば、今後に弾みがつくことは間違いない。初日、2日目は世界ランクトップのダスティン・ジョンソン(米国)と昨季大ブレイクしたジョン・ラーム(スペイン)と同組。連覇へ向け、初日に好スタートを切れるか注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>