<マイナビABCチャンピオンシップ 事前情報◇24日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

今大会にディフェンディングチャンピオンとして臨む片山晋呉。過去に大会最多の4勝をマークし、大得意としている今大会に対し、「普通にやっていればいい勝負はできると思う」と連覇に自信を見せた。

池田勇太が今週は美人キャディとコンビ!あれ、どこかで…
先週の「ブリヂストンオープン」を休養し、今大会には万全の構えで乗り込んできた。コースについては、「変わっていない。所々で台風の影響はあるけどいい感じ。グリーンも相変わらず速い」と言いつつ、「(グリーンは)もっと速いほうがいい」と余裕も見せた。

この大会では過去17回の出場で、2003年、2005年、2006年、2016年に優勝。これを含め、トップ10入りが11回と抜群の相性を誇っている。攻略法を聞くと、「結構難しいし、技術がいるコース。調子がいいだけではダメだし、ショットなどに多くの引き出しが必要」とキッパリ。「好きなコースだし、あとは勝つか勝たないかというところ」とまで言い切った。昨年はツアー屈指の高速グリーンに対して、グリーンのラインに応じて3通りの握り方で攻略した。2度目の連覇に向け、ツアー通算30勝を誇る技術と経験を見せつける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>