1日目は降雨によるコースコンディション不良のためサスペンデッドとなり、18ホールでの短期決戦となったチャレンジツアー最終戦「Novil FINAL」の最終日。連日の雨や寒さの影響で選手たちのスコアも伸び悩む中、8バーディ、1ボギーの65をマークした岩元洋佑がツアー初優勝を飾った。

【関連写真】チャレンジ賞金王はこの人!
「ティショットがほとんど曲がらなくて、セカンドもいいポジションから打てた。パットの読みも良かったし、打ち損じも少なかった」と今回の勝因を上げた岩元。しかし、実は初優勝を意識し始めたという16番あたりからはピンチの連続だったという。「自分がパニックになっているのが分かった(苦笑)」と、パットの距離感覚がズレ始め17番ではショート、18番ではオーバー。そこで思いついたのが「一昨年の地区オープンで勝ったときの感覚」だったという。そうして落ち着きを取り戻し、最後はパーで耐えた末の勝利だったと明かしてくれた。

記念すべき同ツアー初勝利を飾った10月20日は愛息の1歳の誕生日。「本当にうれしい。息子へのサプライズですね。でもまだ1歳なので覚えてないでしょうけど(笑)」と話しながら今日一番の笑みを見せた岩元。自身の初勝利と息子の誕生日、10月20日はダブルでの記念日となり、実に思い出深い1日となったようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>