<ブリヂストンオープン 初日◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

降雨によるコースコンディション不良のため順延となっていた第1ラウンドが行われた「ブリヂストンオープン」。この日も冷たい雨が降りしきる中、日本男子ツアー通算94勝を誇る永久シード選手のジャンボ尾崎は、2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“76”で回り、4オーバー93位タイと苦しいスタートとなった。

【関連】ジャンボ尾崎「もがいてるよ…奈落の底でね」
インスタートのジャンボは10番を無難にパーでまとめたが、11番パー4ではティショットが右の林へ。木の下を抜くスーパーリカバリーで花道まで運ぶも、アプローチを寄せきれずボギー。続く12番パー3ではティショットをミスし、グリーン手前のバンカーへ。1.5メートルに寄せるも、これを外してしまう。「ショットはいい感じなんだけどパットがダメだな」と、波に乗れない展開が続いた。

14番パー4では280ヤード級のビッグドライブを見せて、セカンドもピン手前5メートルに絡めた。ところがチャンスとみたパットはショート。右手でふとももを激しくはたき悔しさをにじませた。続く15番パー4でも2.5メートルのパーパットを外し3オーバーまで後退。18番パー5では、3打目がグリーンに乗らず。それでも4打目を花道から沈めてチップインバーディ。「バーディだけど、3打目で寄せないとダメだな」と反省を口にしながらも、ギャラリーを湧かせた妙技には満足顔を見せた。

後半はティショットの安定感は増すものの、ストレスのたまるゴルフが続く。2番パー4では、フェアウェイからダブルボギー。苦悶の表情を見せながらも見せ場は6番パー4。セカンドをピン上4メートルに乗せると、下りのラインを打ち切ってこの日2個目のバーディ奪取。「下りだったけどしっかり打てた。ああいう風に打てればいいんだけどな」と、グリーン上を悔いた。

「今日みたいにコンディションが悪かったり、何か一つ悪いと、それに対応できないんだよ。対応できるものが体にないわ」。飽くなき探究心でクラブ選びやトレーニングにも妥協を許さないジャンボだが、一気に気温が下がり、雨に打たれたコンディションで踏ん張れない自分にもどかしさを感じた。とはいえ、2週前の「HONMA TOURWORLD CUP」では、初日に“75”を打ちながら、2日目は“70”でエージシュートを達成。予選ラウンド2日目の明日は、強いジャンボの姿を待つファン、そして何より、70歳になりながら戦い続ける自分のためにも、再びビッグスコアにチャレンジする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>