<京都レディースオープン 最終日◇20日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(6,381ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」が終了。今季全21戦の日程が終了し、今季3勝を挙げるなど20,604,785円を獲得した谷河枝里子が賞金女王に輝いた。

【関連写真】多くの思いが渦巻いたステップ最終戦をフォトギャラリーで振り返る!
最終戦の段階で、女王レースはランク1位の谷河と、ランク2位の福山恵梨の2名に絞られていたが、福山は55位タイと低迷。逆転条件の3位以内を満たせなかったため、福山がホールアウトした時点で谷河の女王が決定した。

24歳でプロテストに合格し、翌年のルーキーイヤーではステップ・アップ・ツアー「エディオンレディースカップ」でプロ初勝利。だが、その後はなかなか結果を残せず、レギュラーツアーでの実績もなかった谷河。

所属先の鳴尾GCに入って10年。29歳を迎える2017年はさまざまな転機が訪れる。プライベートでは結婚が決まるなど充実し、今季同じ舞台でプレーする坂下莉翔子が後輩として鳴尾GCに入ってきた。

「結婚資金も稼がないといけないし、後輩に対してもしっかりしなきゃな、と。"アプローチ一緒にしませんか、パター教えてください"って積極的に言ってきてくれるので、私が逆に引っ張られたのかな(笑)。彼女はプロテストがあったので、絶対合格してもらいたかったし、私も試合でいい成績を残したいと思っていました」

プレー面でも気持ちの変化が…。テンポが良いプレー振りが特徴で、ショットを打つのが早い谷河だが、「前までは全然遅かったんです。構えてからもじもじとワッグルばっかり。でもオフに考え方を変えようって。練習場ではいい球を打てるけど、試合ではなかなかできない。練習場でポンポン打つようなイメージで、迷いなくショットを放つことを意識してから、気持ちがラクになりました」。プレースピード以外にも試合中はつねに笑顔を振りまき、ステップの試合会場では、最も気持ちに余裕を持ってプレーしている姿が印象的だった。

賞金女王になったことで、来シーズンのリランキング(2018年より導入予定)までのレギュラーツアー出場権を獲得したが、「ステップの賞金女王ってこんなもん…かって思われないようにしないと」と喜びよりも責任感を口にした谷河。「来季はつねに予選通過できるくらいのレベルまで、オフに引き上げないといけないですよね。明日からも練習ですよ」といつもの笑顔を見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>