<ブリヂストンオープン 初日◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

悪天候によるコースコンディション不良のため、2011年の「フジサンケイクラシック」以来6年ぶりに初日の競技が中止となった国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」。仕切り直しとなった第1ラウンド、全選手がこの日の競技を終了。ツアー初勝利を狙う21歳・星野陸也が大堀裕次郎、丸山大輔、武藤俊憲、デビッド・ブランスドン(オーストラリア)と5アンダーで並び、今季2度目となる首位発進を決めている。

【関連】石川遼が本音で語る!自身のベストスイングは一体いつ?
1打差6位タイに今平周吾、アマチュアの清水大成、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、イ・サンヒ(韓国)が、2打差10位タイに小鯛竜也、竹安俊也ら8人が続く混戦模様となっている。

今季国内2戦目の石川遼は2バーディ・2ボギーのイーブンパー45位タイでフィニッシュ。同組の2人、賞金ランク2位の宮里優作とリオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)は、それぞれ2アンダー18位タイ、1アンダー27位タイで初日を終えた。

また、昨年覇者の小平智は2アンダー18位タイ、2週連続Vを狙う池田勇太は1アンダー27位タイで2日目へ。今季初の決勝進出を狙う尾崎将司は4オーバー93位タイと振るわなかった。

【初日の順位】
1位T:星野陸也(-5)
1位T:大堀裕次郎(-5)
1位T:丸山大輔(-5)
1位T:武藤俊憲(-5)
1位T:デビッド・ブランスドン(-5)
6位T:今平周吾(-5)
6位T:清水大成@(-5)他
45位T:石川遼(E)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>