<ブリヂストンオープン 初日◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

悪天候によるコースコンディション不良のため、2011年の「フジサンケイクラシック」以来6年ぶりに初日の競技が中止となった国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」。仕切り直しとなった第1ラウンド、今季国内2戦目の石川遼はこの日2バーディ・2ボギーの“71”でラウンド。イーブンパー41位タイで初日を終えている。

【スイング連続】星野陸也の飛ばしの秘密は切り返しの“間”
5アンダー首位タイに星野陸也、丸山大輔、武藤俊憲が、1打差4位タイに今平周吾、大堀裕次郎ら5人が続いている。

ともに石川と同組の2人、賞金ランク2位の宮里優作とリオ五輪銅メダリストのマット・クーチャー(米国)は、それぞれ2アンダー15位タイ、1アンダー25位タイでフィニッシュしている。

また、昨年覇者の小平智は2アンダー15位タイ、2週連続Vを狙う池田勇太は1アンダー25位タイで競技を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>