<JGTO Novil FINAL 初日◇19日◇ザ・カントリークラブ ジャパン(7247ヤード・パー72>

18ホールの短縮競技となったチャレンジツアー最終戦「JGTO Novil FINAL」の全日程が終了。7アンダーまで伸ばした岩元洋祐が優勝を手にした。

1打差の2位は姜志満(韓国)。5アンダー・3位タイには石渡和輝、山岡成稔の2人が入った。

またチャレンジツアー全日程終了に伴い、大槻智春の賞金王が決定。大槻は2オーバー・80位と苦しんだが、後続が逆転できなかったため嬉しい初タイトルとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>